MENU

男性特有の薄毛原因ってなに?

 

近年では若年層の薄毛もだんだん目立ってきていますが男性の薄毛で一番多いものがAGA(男性型脱毛症)と呼ばれる症状です。

 

このAGAは徐々に進行していくもので5〜6年ほどかけてどんどん薄毛が進行していきます。つまり薄毛が気になりだした頃はもうかなりAGAが進行してきているということです。

 

AGAを治療するためには大きく分けて育毛剤と内服薬での治療があります。一番効果があるとされているのが内服薬でプロペシアやミノキシジルを体の内側から摂取することで早い人で1ヶ月目から効果を実感し始め、薄毛が少し進行してきた程度の人は半年もあればふさふさの髪の毛に戻ることができます。

 

プロペシアやミノキシジルには副作用の危険性があるので一人で治療薬を選んで服用するということは避けてください。治療薬を服用する場合はAGAクリニックで専門の医師に相談してからにしてください。

 

そうすることで恐怖を感じながらAGA治療薬を飲むということも無くなりますし、何より効果の実感が早くなりますのでオススメです。